トップへ戻る

抜け毛 対策

なぜ抜け毛は発生するのか

 

なんで髪の毛って抜けちゃうんでしょうか?

 

抜け毛自体はごくごく自然な現象なんですよ。
人間の髪の毛はだいたい1日に100本程度は抜け落ちています。

 

よく「シャンプーがきっかけで一番抜け毛がおきる」なんて説を
見かけますけどあれって実は全くのデタラメ。

 

普通に道を歩いてる時や、ご飯を食べている時や寝ている時。
そういうごくごく自然な時にでも抜け毛は起きているんです。
別に髪の毛を引っ張らなくても自然と抜け毛は起きるもの。

 

抜けてしまった髪の毛は他の髪の毛に支えられてるから、
頭の上に乗っかってる状態を維持してて、
それがシャンプーの時に下に落ちて排水口に溜まってるだけの話。
だから抜け毛とシャンプーはあんまり関係ないんです。

 

一本の髪の毛には必ず寿命があって、
その寿命が尽きたら自然と抜け落ちるようになってます。
抜け毛自体にそこまで過剰に怯える必要は無いんですよ。

 

●問題は寿命が早く来すぎてしまう髪の毛

 

寿命が尽きた髪の毛が抜けていくのと同じように、
小学生だろうがお爺ちゃんだろうが「新しく生える髪の毛」がある。
そうやって髪の量のバランスは取れているんです。

 

でも、男性は歳を重ねれば重ねるほどこのバランスが崩れがち。
つまり新しく生えてくる髪の毛よりも抜け毛の方が多くなってくるんですね。

 

1日100本抜けるのに、1日50本しか生えてこない状態が何年も続いちゃうと、
徐々に髪の毛全体の量が減ってきてある日突然気づいちゃうんです。
「あ、やばい、俺ハゲてきた…」って。

 

で、なんで新しく生えてくる髪の毛と抜け毛のバランスが崩れるかって言うと、
色々な原因で一本の髪の毛の寿命が縮んじゃってるんですよ。

 

・男性ホルモン
・食生活の乱れ
・タバコ吸いすぎなどによる血行障害

 

こういう諸々の理由で髪の毛の寿命が縮みすぎると、
自分でもビックリするぐらい一気に薄毛が進行するってわけです。

 

抜け毛対策ってのは、縮みすぎた髪の毛の寿命をできるだけ伸ばすってこと。

 

 

●抜け毛の原因No.1は男性ホルモン

 

特に、男性の抜け毛の原因の大半を占めるのが男性ホルモンによるものです。

 

ヒゲや体毛が濃い人ほど薄毛になりやすいって知ってました?
男性ホルモン(テストステロン)が多いとヒゲや体毛が濃くなるんですが、
逆に髪の毛は薄くなるっていう訳のわからないジレンマを男は抱えています。

 

女の人にあんまり薄毛がいない原因はここにあります。
女性の体内にも男性ホルモンは存在するけれど量は少ない。
だからみんな抜け毛対策なんてしなくても髪の毛フッサフサ。
うらやましい。

 

●かと言って男性ホルモンを減らすのは無理

 

じゃあ「抜け毛対策には男性ホルモンを減らしてやればいいじゃん!」って
確かにそりゃそうなんですけど男性ホルモンそのものを減らすなんてまず無理。

 

厳密には無理じゃないけれど、本気で男性ホルモンを減らすんなら、
女性ホルモンを血液注射するなんて大げさなことになっちゃう。
そんなことやると体全体が女性っぽくなってきます。
胸が出てきたり、声が高くなったり大変なことになっちゃいます。

 

じゃあどうすればいいのかって世界中の科学者が研究してきて、
長年かけてようやく出た答えがこちら。

 

「髪の毛に悪さする男性ホルモンだけブロックする」

 

男性ホルモンにも色んな種類があって、全部が全部抜け毛を促進するわけじゃない。
具体的にはDHTっていう男性ホルモンだけが抜け毛を増やす働きをしている。

 

じゃあこいつだけ体内でブロックしちゃえばいいじゃん!
ってどこかの研究者が気づいたわけ。
多分この研究者は薄毛っすね。
自分の薄毛を治したい執念で研究に没頭したんでしょう。

 

●DHTをブロックしてくれるノコギリヤシ

 

その後も研究者たちが研究を続けた結果アメリカやメキシコの一部に生えてる
ノコギリヤシっていう木のエキスが効率的にDHTをブロックしてくれることが判明。

 

今主流になっている育毛剤や育毛シャンプーにはたいていノコギリヤシが含まれてます。
そのぐらい抜け毛対策にはもう定番中の定番になりつつある。
ノコギリヤシ無くして抜け毛対策無しですよ。

 

で、個人的にお勧めしたいのは育毛シャンプーではなく、
頭皮に直接かける育毛剤タイプですね。

 

だって育毛シャンプーにノコギリヤシが含まれてても、
すぐにシャワーで洗い流しちゃうから成分が毛根まであまり浸透しない。

 

それに対して育毛剤は頭皮に直接かけて放置するので、
ノコギリヤシの成分が毛根を経由して毛乳頭細胞まで届きやすいんですね。

 

●ノコギリヤシ育毛剤の中でも成分が浸透しやすいものを選ぶ

 

そういうわけでノコギリヤシ育毛剤を選ぶにしても、
ノコギリヤシ成分が効率的に毛根に浸透しやすいのにする。
これが抜け毛対策の肝。

 

近年は各メーカーがしのぎを削って工夫してるので良質な育毛剤増えてきました。
チャップアップはその中でも面白い存在。

 

もちろんノコギリヤシエキスは含まれてて、
さらに浸透を良くするために血行促進成分を重視している。
ここが他の育毛剤と毛並みが違うところですね。

 

ノコギリヤシを多くすればそれでいい!みたいな発想止まりの育毛剤はたくさんある。
でも量だけ多くたって、それが実際に毛根に浸透しないと意味が無いじゃないですか。
だから効果が無くてリピーターが少なくて、発売後しばらくしたら消えていくの繰り返し。

 

でもチャップアップはノコギリヤシの量も追求しつつ、
その上でさらに浸透力、つまり質も追求した。
だから数ヶ月で効果が出て、リピーターが多くて人気が継続してるんでしょうね。

 

●抜け毛対策まとめ

 

最後に抜け毛対策の大事な点をまとめておきます。
・男性ホルモンDHTをブロックするノコギリヤシを何らかの方法で摂る
・効率よくノコギリヤシを摂るならシャンプーよりも育毛剤
・毛根に浸透しやすいように工夫しているチャップアップのような育毛剤を選ぶ

 

こんな感じですかね。

 

20年前の人達がタイムマシンで現代に降り立ったら、
歯痒い思いをするほど抜け毛対策用の育毛剤は進化してます。
いい時代になったもんです。